超集中状態「ゾーン」に入って、圧倒的な結果を出す方法

雑記
  • なかなか覚えられない
  • 頭がもっと良くなりたい
  • アイデアが出ない
  • 時間がもっと欲しい

こんなお悩みはありませんか?

これらは今まで「生まれつきの性格だから仕方がない」「能力が足りないんだ」などと、本人のせいにされてきました。

しかし、「人間は脳を20%しか使っていない」という通説を知っていますか?

一流のビジネスマンやスポーツ選手などは、超集中状態「ゾーン」に入ることで、圧倒的にハイレベルなパフォーマンスを発揮することが可能になります。

集中力が極限まで高まると、他の思考や感情、周囲の風景や音などが意識から消えて、感覚が研ぎ済まされ、目の前の作業に没頭することができるのです。

先日、ドイツでハーブを長年研究している機関が、

  • 「ゾーン」に入りやすくなる
  • ストレス・不安感をやわらげる

といった作用を持つ天然成分を発見したのです。

↑こちらの記事は、「人間のストレスや集中力をコントロールすることが可能に!」とこの成分の発見は、医学会や薬学会でも大きく注目されました。

脳の”本当の実力”を開花させる方法とは

人間は脳を20%しか使っておらず、20%以上使う方法はまだ明らかになっていません。

ですが先日ドイツで発見された新成分『ブルーネス™️』が、脳の”本当の実力”を開花させる鍵になると言われています。

日本でも『ブルーネス™️』は注目され、この原料を使った製品を作りたいという大手メーカーの問い合わせが相次いでいるそうです。

しかし、ドイツにある開発元(バイタルソリューション社)が、販売権をコントロールしており、なかなか日本へは入ってきませんでした。

Bluenesse®(ブルーネス)は、認知能力とメンタルヘルスをサポートする特別な系統育種を施した南ヨーロッパ原産地のレモンバームから抽出した原料です。

これは薬剤師の資格を保有しながら薬用植物研究協会に所属するシュビレバックワルドワーナー博士が発見しました。

『ブルーネス™️』は本来「ストレスや不安感を軽減する」という作用で注目され、研究が進められていました。

しかし、実際に臨床試験を行ったところ驚きの効果が隠れていたことがわかりました。

なんと、警戒心(注意力)と計算処理能力を向上することが発覚したのです。

ストレスや不安感の軽減も確認されたことにより、『ブルーネス™️』は

  • 注意力、記憶力、集中力アップ。
  • 精神集中メンタルフォーカス、前向きな気持ち、ストレス低減。
  • 加齢による認知機能障害の改善。

の効果が期待できると公表されています。

つまり、

  • 集中力が持続できず、成果をあげられていない人
  • 不安やストレスで、目の前のことに集中できない人
  • 覚えることや、やらなきゃいけないことが多すぎて、気持ちがめげそうな人

これらの悩みを抱える人々に効果的であることがわかったのです。

身体への影響は?実際にどう使う?

同じような効果の成分として、今までは「カフェイン」が愛用されていました。

主に集中力を上げたり、計算処理能力を向上させるとしてドリンクやサプリが販売されています。

しかし、エナジードリンクを毎日服用するのは、かなりのリスクがあります。

「エナジードリンクに健康リスク」最大の理由は睡眠障害

エナジードリンクの過剰摂取による死亡事故がニュースに取り上げられるようになっているが、常用者が多いアメリカの陸軍当局でも、エナジードリンクの過度の飲用を避けるべきだとの警鐘を鳴らした。

理由の第1は、ドリンクの成分であるタウリンの分泌作用が不明であること。第2に、大量に含まれている砂糖は、1本内に27gもあるものもあり、これだけで男性の場合、1日の許容量の3分の2を占め、女性の場合は、許容量を2g超えているという。

第3は、砂糖同様、大量に含まれているカフェインである。カフェインの過剰摂取は、血圧上昇、パニック発作、動悸、不安、脱水、不眠症等を引き起こすと警告を発している。

(参考:プレジデントオンライン https://president.jp/articles/-/21836

ですが、『ブルーネス™️』は天然のハーブから抽出された成分なので健康への影響は一切ありません。

ドイツでは、実際に社員全員へ『ブルーネス™️』入りのサプリを配布した企業がありました。

その結果、『ブルーネス™️』を取り入れる以前より売上げは3.4倍に。

また、作業効率が上がったことで社員の残業時間は1人あたり平均15時間少なくなったそうです。

社員へのストレスチェックを行ったところ、『ブルーネス™️』の効果と作業効率の向上による残業時間の減少社員のストレスも大幅に減少させることが出来たそうです。

この実験はドイツで非常に大きな影響を与え、今では『ブルーネス™️』を経費から社員へ配布する企業も少なくないそうです。

エナジードリンクより体に優しく、効果が分かりやすい

『ブルーネス™️』が発見されたドイツはサプリ先進国であるため、すぐに一般人が日常的に取り入れられるようサプリ化の開発が進められたのです。

そうして完成したのが、『アドラーフォー』というサプリ。

『ブルーネス™️』は元々レモンバームから抽出される成分だったため、風味も柑橘系の爽やかな味わいです。

さらに、水に溶けやすい性質のため胃の中に入っても効果が衰えることなく、

サプリ化をしても効果を約3時間ほど持続させることを実現したのです。

そのため、『アドラーフォー』はドイツでほとんどの人が日常的に愛用する定番サプリとなりました。

『アドラーフォー』は、ドイツではすでにドラッグストアやスーパーで気軽に購入できる定番サプリですが、日本ではまだ馴染みがありません。

ヨーロッパでは、植物から有効成分を抽出する技術がとても進んでおり、医学に新たな側面を与えています。

「先進国にこれ以上遅れをとりたくない!」と、唯一の『ブルーネス™️』配合サプリである『アドラーフォー』販売元に直談判した企業があり、

ついに日本でも発売することが決定したのです!

実感値は高し。1度お試しアレ!

『アドラーフォー』は日本で7,000円で発売されることが決定しました。

しかし、ただいま日本上陸記念として、1,980円(送料全国一律800円)で購入できる15日間のお試しキャンペーンを行っています。

『アドラーフォー』は定期購入の回数縛りなどもなく、いつでも解約することが可能です。

つまり、送料含めて2,780円(1日あたり185円)で15日間試すことが出来ます。
個人的にも実感値はかなりあると思いますので、ぜひお試しアレ。

いますぐ試してみたい方はこちら※このキャンペーンは、上記の公式サイトのみで開催されています。
この商品は、Amazonでも、楽天でもまだ販売されていません。

Amazonでアドラーフォーを検索

楽天市場でアドラーフォーを検索

公式サイトでは、商品到着後の後払い、またはAmazonアカウント(amazon pay)を利用して購入することができます。Amazonのアカウントがあれば、クレジットカード情報やお届け先住所などを入力することなく購入することができます。

飲んで1時間後には効果を実感できる「即効性」から、ドイツでは会社のデスクに常備している人がほとんどだそうです。

日本ではエナジードリンクが定番ですが、『アドラーフォー』であればカフェイン中毒になったり命の危険にさらされることは一切ありません。

『アドラーフォー』は、正念場での助けにきっとなってくれるはずです。

アドラー4を実際に試した体験談

サプリで集中力がかわるわけがないと、飲み始める前はそう考えていました。

しかし、アドラー4を飲んでみると頭が冴えてきたので驚きです。

レッドブルやカフェインよりも頭がクリアになるのが良いですね。

カフェインレスなので、夜でも飲むことができるので便利です。

仕事がいつも忙しくコーヒーや栄養ドリンクが欠かせませんでした。

それでもうとうとしてしまう日があり困っていたところ、雑誌で見かけたアドラー4を購入。

飲んで1~3時間で効果が出るそうですが、朝飲んで出社するといつもより元気に

いつもなら午前中は睡魔と戦うことが多かったのですが、午前中でも仕事がはかどるようになりました。

ストレスを和らげてくれて、その上パフォーマンスを上げるなんて、ものすごく嬉しいし、とてもありがたいサプリですよね。

私も以前はパフォーマンスを上げたい時は栄養ドリンクにたよっていましたが、アドラー4を飲んでみると不思議なことに頭が冴えた感じがしていつもやる気スイッチを探している間に1日が終わるのですが、パフォーマンスがアップした感じがしました。

睡眠不足なのか食事の偏りのせいなのか、ぼーっとすることが増えて悩んでいました。

部下もいる身なので、これではダメだと思って、ネットのニュースで見かけたアドラー4を試してみることに。

すると、飲んで時間が経つとだんだん頭が冴えてくるのが分かりました。

すごいですよね。これからも飲み続けたいと思います。

ここ数週間飲んでみましたが、粒も小さくて飲みやすいです。

パッケージもおしゃれなので持ち歩きしやすいですね。

副作用もなく今ではお気に入りです。仕事前や集中力を上げたい時には愛用しています。

アドラーフォーの15日間お試しキャンペーンはこちら

あくまで個人的な感想ですが、アドラーフォーの効果は、3時間だけといわれていますが、実感値としては、脳がその状態を覚えてしまえば、飲んでいなくても集中状態に入りやすくなっている気がします。

あなたにも「ゾーン」が訪れて、最高のパフォーマンスを体験する時が来ることを願って。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました